PHOTO FETI

<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

雫光 〜みどり

a0264068_872290.jpg





a0264068_872422.jpg





彼女は遠く離れた僕に気づいているのか、
こちらをじっと見つめながら微かに笑った。

小説「雫光」八束穗国著より
[PR]
by photofeti | 2013-02-26 08:10 | 人物 | Comments(0)

雫光 〜みどり

a0264068_23551191.jpg




ターキッシュアンゴラ、ペルシャ、ロシアンブルー?


雫光は、この刹那からはじまった。

白昼夢のなかを彷徨い、
「僕」は名も知らぬ君を、、、。

人の想いが交錯する。
[PR]
by photofeti | 2013-02-25 00:01 | 人物 | Comments(2)

noa+akari kachoen 18

a0264068_053174.jpg




ショートストーリー「雫光」がスタートしたシーンに近づいてきた。



緑と光の嵐の中で、主人公の「僕」と名前も知らない君とが出会う...。

そして、惹かれていくのだ。
遠くを透かすような綺麗な蒼い瞳に...。
[PR]
by photofeti | 2013-02-24 00:18 | 人物 | Comments(0)

雫光、あと1週間。

a0264068_1611985.jpg





写真展「雫光(Reikou) 光のしずく」に、多くの方にお越しいただきまして、ありがとうございました。

会期も早いもので、あと1週間となり、こうして一同に写真を見るのも、残りわずかとなりました。さみしいという気持ちの反面、こうした作品を生み出した達成感があります。

先日、奇遇にもTakDaiの誕生日に、ショートストーリーの作者、八束穗国さんが東京よりおいで下さいました。
短い時間でしたが、被写体のnoaさん、撮影者のTakDaiと3人が揃いました。

穗国さんとTakDaiとは、ブログを通しての交流のみで、実はお会いするのは初めて!
遡ってみると、2010年8月にコメントいただいたのが、はじまりだったようです。

穗国さんはTakDaiの写真を、TakDaiは穗国さんのストーリーに、お互いにファンになるには時間がかからなかったと記憶しています。

写真展に3人が揃い、その時々の気持ちや想いをお話しする機会を得られて良かったなと思います。
そしてこの作品は、この3人にとって、一生の宝物になりました。

こうした機会を作ってくれて、ギャラリーバラージの館長、PhotoCafeのBunさん、ありがとうございました。

まだご覧いただいていない方も、是非ともそんな作品をご覧いただければ幸いです。

TakDai



以下、ご案内です。

--

2月1日より1ヶ月間に渉り、浜松市内にてポートレート写真展を開催いたします。

TakDaiとして、写真活動をはじめてから3回目のポートレート写真展で、ようやく個展を開くことになりました。
お声をかけていただいた、ギャラリー・バラージの館長に感謝いたします。

そして、今回の展示では、新進の若手女性作家である八束穗国さんと、コラボします!!

TakDaiの写真からインスピレーションを受けたショートストーリーを書き下ろしていただきました!

彼女の作品は、ストーリーの素晴らしさだけでなく、流れるような音のつながりが美しく、ボクの写真と感覚が近いと感じていて、お互いに憧れたり、尊敬したりという関係が続いていました。



TakDai写真展「雫光(Reikou) 光のしずく」
      collaborate with 八束穗国(作家)

2013年2月1日(金)〜28日(木)

PhotoCafe and Gallery Barrage
浜松市東区上西町1332-1
TEL/FAX 053-443-8283

○2月の定休日
4日(月)、5日(火)
11日(月)
18日(月)、19日(火)
25日(月)

[写真展に寄せて]
いつまでも眺めていたくなる。そんな写真を見たのは初めてだった。
TakDaiさんの写真にはいつも心を溶かす光がある。
人物を包む空気と、わたしたちのまなざしの境界が溶けて、気がつくとあたたかい孤独に抱かれながら、永遠のうつくしさの最中に立っている。
そんな写真を紡ぐTakDaiさんの眼差しが掬うのは、きっと彼女たちの心の奥のいちばん美しい場所。そして、ひとひらの真実なのではないだろうか。

八束穗国



小説「雫光」八束穗国著
あらすじ

「明日への価値」を見失った「僕」が、ある日一眼レフで捉えたのは見知らぬ女性の姿だった。まるで白昼夢のように現れる彼女に次第に惹かれながら、「僕」はレンズの中の彼女の影と心を通わせるようになる…。
シャッターを切る度に、進化する真実の美。彼女は一体何者なのか…。彼女は何のために現れたのか…。光の雫が落ちるとき、「僕」が辿り着いたのは…。
[PR]
by photofeti | 2013-02-21 16:12 | イベント | Comments(4)

noa+akari kachoen 17

a0264068_87336.jpg




a0264068_874241.jpg




しあわせのピンクの羽根。
[PR]
by photofeti | 2013-02-21 08:09 | 人物 | Comments(0)

noa+akari kachoen 16

a0264068_8192149.jpg




鳥さん登場。
ツンツンします。^^;



a0264068_8192717.jpg




伝線するし。。。^^
[PR]
by photofeti | 2013-02-20 08:23 | 人物 | Comments(0)

noa+akari kachoen 15

a0264068_8222175.jpg





a0264068_822712.jpg





EF40mm/2.8STMを使いこなした瞬間です。
スミマセン!マニアな話で〜(汗)
[PR]
by photofeti | 2013-02-19 08:26 | 人物 | Comments(0)

noa+akari kachoen 14

a0264068_8131445.jpg





a0264068_8131762.jpg





鳥さん、大好き(笑)
[PR]
by photofeti | 2013-02-18 08:14 | 人物 | Comments(0)

noa+akari kachoen 13

a0264068_8445430.jpg





な〜んだ、そんなこと(笑)
[PR]
by photofeti | 2013-02-16 08:46 | 人物 | Comments(0)

noa+akari kachoen 12

a0264068_803164.jpg




ん?聞いてあげるよ。



うん、聞いて欲しいことがあるんだ...。
[PR]
by photofeti | 2013-02-15 08:02 | 人物 | Comments(2)